メタボリック症候群の原因は?

メタボリック症候群のすべて-予防と対策

メタボリック症候群の原因は?

.

過食はメタボリック症候群の原因

運動不足

メタボリック症候群の原因は何でしょうか?メタボリック症候群の原因は、遺伝、食べ過ぎ、運動不足などがあげられます。また、メタボリック症候群は不適切な生活習慣が原因で起こる生活習慣病の一つといわれています。特に肥満の増加によってメタボリック症候群は問題視されるようになったといってもいいでしょう。男性の中高年の肥満。この割合はこの20年で増加傾向にあります。その原因には食生活の変化があげられます。日本人の食生活をみると、摂取エネルギーに変化はありませんが、脂肪の割合、アルコールの割合が増加しているのです。また、メタボリック症候群は男性は女性に比べて5倍といわれています。この原因は、男性ホルモンは内臓脂肪をためやすく、男性は早食い、高脂肪や高カロリーのものを好み、食べ過ぎてしまう、という傾向があることがあげられます。


ページのトップへ ▲

メタボリックの原因・内臓脂肪について

肥満

メタボリック症候群の原因となる脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があります。皮下脂肪は、体の熱が逃げないようにする保温の役割、また、外からの衝撃から内臓を守る役割を担い女性ホルモンは皮下脂肪を蓄積するという性質があり、女性は内臓脂肪よりも皮下脂肪をためやすいとされています。男性ホルモンは筋肉量を増やすとともに、内臓脂肪を蓄える性質があり、男性は女性よりも内臓脂肪がつきやすいのです。内臓脂肪の蓄積による肥満はメタボリック症候群の大きな原因の一つです。お腹の大きさが同じでも人によって、内臓脂肪面積には違いがあります。日本人は内臓脂肪面積が欧米人に比べて大きいといわれています。メタボリック症候群の原因となる内臓脂肪。その面積が多いと善玉のアディポサイトカインの分泌が減少し、悪玉のアディポサイトカインが多く分泌され、メタボリック症候群の原因になります。


ページのトップへ ▲

運動不足とストレスもメタボリック症候群の原因?

コンピュータ

運動不足とストレスの増加。これらもメタボリック症候群の原因です。メタボリック症候群は加齢とともに増えていきます。若い頃は運動をしていたのに、年と重ねる毎に面倒になったり、運動をする機会が失われ体を動かすことが少なくなる、そうすると、心臓を動かすなどの生きているために必要なエネルギーである基礎代謝が低下、運動で消費されるエネルギーが減少し、内臓脂肪が増加するのです。現代ではコンピュータでの仕事など、体を動かさない仕事が増え体を動かさなくなってきています。それは体をやせにくい体にする原因でもあるのです。さらに、さまざまなストレスの増加もメタボリック症候群の原因となっています。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリック症候群って何(定義)? | メタボリック症候群の原因は? | メタボリック症候群の予防法 | メタボリック症候群が改善するコツ | メタボリック症候群の解消は難しい? | メタボリック症候群の診断基準が知りたい! | メタボリック症候群の検査方法 | メタボリック症候群患者と食事 | 食事療法でメタボリック症候群対策 | 生活習慣病とメタボリック症候群 | メタボリック症候群を運動療法で治す | メタボリック症候群と食生活 | メタボリック症候群対策レシピ! | 小児メタボリック症候群と診断基準 | 子供のメタボリック症候群対策 | メタボリック症候群対策をしよう! | ダイエットでメタボリック症候群撃退! | メタボリック症候群をメジャーで自宅診断 | サプリメントでメタボリック症候群予防 | メタボリック症候群とウエスト |

Copyright (C) メタボリック症候群のすべて-予防と対策 All Rights Reserved.