メタボリック症候群の診断基準が知りたい!

メタボリック症候群のすべて-予防と対策

メタボリック症候群の診断基準が知りたい!

.

メタボリック症候群の診断基準で体を知る

血圧

自分はメタボリック症候群なのか?不安を抱えている人もいるでしょう。メタボリック症候群には診断基準が設けられています。2005年に日本内科学会が発表したメタボリック症候群の診断基準は、ウエストが男性85cm、女性が90cmを超える場合で、脂質代謝異常、血圧異常、糖代謝異常のうち、2つ以上に当てはまる場合はメタボリック症候群と診断されるとういもの。メタボリック症候群の診断基準の項目・数値は、脂質代謝異常は中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dl以上、あるいはHDLコレステロール40mg/dl未満、血圧異常は上で130mmHg以上、下で85mmHg以上、糖代謝異常は空腹時血糖が110mg/dl以上という診断基準です。メタボリック症候群の心配がある人は、診断基準を確認し当てはまった場合は早目にメタボリック症候群の改善を始めましょう。


ページのトップへ ▲

ウエストの測り方

ウエスト

メタボリック症候群の診断基準は体重ではなくウエストにあります。その理由は、全てにおいてそうとは限りませんが、ウエストが大きいほど、内臓脂肪が多くついているからです。内 臓脂肪の蓄積を正確に測るには、X線CT装置が必要です。しかし、全ての医療機関にあるものではなく、妊婦さんには使用できません。検査費用も安くありません。そこで自分でできるウエストの測り方を紹介しましょう。基本はおへその高さで図ります。お腹が垂れている場合は、助骨弓下縁と前腸骨稜上線の中間地点で測ります。ウエストの前後が水平になるように注意、メジャーが腹部にくい込まないようにしましょう。また、空腹時に測定しましょう。メタボリック症候群の診断基準では、男性は85cm、女性は90cmあると内臓脂肪が過剰についていると診断されます。


ページのトップへ ▲

メタボリック症候群の診断基準は国によって違う

女性

メタボリック症候群の診断基準において、ウエストのサイズが男性より女性の方が基準が大きいのは、女性は皮下脂肪がつきやすいからです。また、メタボリック症候群の診断基準では、身長は考慮されていません。さらに、ウエストによる診断基準は世界各国で異なります。アメリカでは男性が102cm以上、女性は88cm以上です。診断基準が違うのは、アメリカ人と日本人の体格の違いと、アメリカ人は皮下脂肪が多く内臓脂肪はつきにくい、という違いから診断基準が違っています。日本人はアメリカ人と比較すると、内臓脂肪面積の占める割合が大きいのです。さらに、日本人は内臓脂肪が少し増えるだけでも動脈硬化が進行しやすい、ともいわれています。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリック症候群って何(定義)? | メタボリック症候群の原因は? | メタボリック症候群の予防法 | メタボリック症候群が改善するコツ | メタボリック症候群の解消は難しい? | メタボリック症候群の診断基準が知りたい! | メタボリック症候群の検査方法 | メタボリック症候群患者と食事 | 食事療法でメタボリック症候群対策 | 生活習慣病とメタボリック症候群 | メタボリック症候群を運動療法で治す | メタボリック症候群と食生活 | メタボリック症候群対策レシピ! | 小児メタボリック症候群と診断基準 | 子供のメタボリック症候群対策 | メタボリック症候群対策をしよう! | ダイエットでメタボリック症候群撃退! | メタボリック症候群をメジャーで自宅診断 | サプリメントでメタボリック症候群予防 | メタボリック症候群とウエスト |

Copyright (C) メタボリック症候群のすべて-予防と対策 All Rights Reserved.