メタボリック症候群と食生活

メタボリック症候群のすべて-予防と対策

メタボリック症候群と食生活

.

家族みんなでメタボリック症候群対策

家族

メタボリック症候群の改善において重要な食生活。一人暮らしならともかく、家族と生活している場合は食生活も家族の協力が必要です。例えば父親だけがメタボリック症候群でおやつなどを我慢している時に隣でケーキやお菓子を食べていたら、つい手をのばしたくなってしまいますね。そのような食生活では、いつまでたってもメタボリック症候群は改善されません。家での晩御飯。子供に合わせた食生活ではメタボリック症候群は治りません。また、市販のおやつは砂糖も油もたくさん入っています。子供の体のためにもお母さんの手作りのおやつを作ってみてはいかがでしょうか?料理をすることで、お母さんもエネルギーを消費させ、メタボリック症候群の予防になります。食生活は我慢することばかりでは、ストレスがたまったり、イライラしたり精神的にもよくありません。辛抱も大切ですが、ちょっとした工夫で無理なくメタボリック症候群を改善する食生活をしていきましょう。


ページのトップへ ▲

食べてすぐ寝ると中性脂肪を増やす?

睡眠

メタボリック症候群の食生活において注意したいのは、寝る前の3時間以内は食事はしないということ。モデルさんなどの職業の人はが夕方6時以降は何も口に入れない食生活をしています、などと言っているのを聞いたことがないでしょうか?中性脂肪は血液中でリポタンパクになって代謝されるのですが、食べてすぐ寝てしまうと代謝がうまくいかず、処理しきれず残った脂肪が血液中に残り中性脂肪を増やしてしまうのです。また、食べた後すぐ横になると、血液が向上し消化吸収活動が活発になり、脂肪の吸収をよくします。さらに、この活動は安眠を妨げます。メタボリック症候群の改善にはストレス解消もその一つ。ストレス解消にはよく眠ることが大切です。食事は寝る3時間前までにとる、そういった食生活習慣をつけましょう。


ページのトップへ ▲

メタボリック症候群にはジュースより水

水

メタボリック症候群を予防・改善するためにバランスよい食生活、野菜中心の食生活、食べ過ぎない食事の量、などに注意した食生活を送っています、と言いながら傍らで缶コーヒーを飲んでいてはせっかくの食生活改善の努力も効果が半減してしまいます。それどころかメタボリック症候群に1歩近づいてしまうのです。果汁100%のジュースでも250mlのジュースには砂糖小さじ約7杯分が入っています。缶コーヒーにしては通常9杯分、低糖といわれているものでも約3杯分の砂糖が含まれているのです。こういったジュース類に入っている砂糖は体内での吸収が早く、肝臓で脂質と一緒になり中性脂肪に変化しやすく、血糖値を上げやすくしてしまいます。水分は体にとってたくさん摂ることが大切。できるだけ水を飲む習慣をつけることがメタボリック症候群の予防・改善につながります。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリック症候群って何(定義)? | メタボリック症候群の原因は? | メタボリック症候群の予防法 | メタボリック症候群が改善するコツ | メタボリック症候群の解消は難しい? | メタボリック症候群の診断基準が知りたい! | メタボリック症候群の検査方法 | メタボリック症候群患者と食事 | 食事療法でメタボリック症候群対策 | 生活習慣病とメタボリック症候群 | メタボリック症候群を運動療法で治す | メタボリック症候群と食生活 | メタボリック症候群対策レシピ! | 小児メタボリック症候群と診断基準 | 子供のメタボリック症候群対策 | メタボリック症候群対策をしよう! | ダイエットでメタボリック症候群撃退! | メタボリック症候群をメジャーで自宅診断 | サプリメントでメタボリック症候群予防 | メタボリック症候群とウエスト |

Copyright (C) メタボリック症候群のすべて-予防と対策 All Rights Reserved.