メタボリック症候群の予防法

メタボリック症候群のすべて-予防と対策

メタボリック症候群の予防法

.

自分の生活習慣を見直すことが予防法

喫煙

メタボリック症候群は、遺伝や性別など自分ではどうすることもできない要因もありますが、その中心となる原因は普段の生活習慣によるものです。不健康な生活習慣を変えることが、メタボリック症候群の予防法になります。カロリーの摂り過ぎによる中性脂肪の増加、塩分の摂り過ぎによる血圧の上昇、運動不足による血糖値の上昇などの予防法を学ぶことで、メタボリック症候群は予防することができます。特に食べ過ぎはメタボリック症候群の大きな要因です。この食べ過ぎを予防すること、どのような予防法があるかを知りましょう。さらに、早食い、飲酒、喫煙などの体に対する影響を知り、それらを改善することがメタボリック症候群の予防法につながります。まずは自分の生活習慣を見直し、メタボリック症候群の原因を見つけ、その予防法を学びましょう。


ページのトップへ ▲

ゆっくり食べることがメタボリック症候群の予防法

食事

メタボリック症候群にならないための予防法として、食べ過ぎないように、というのは原則ですがいきなり食事の量を半分にする、などといったことは避けましょう。無理のないメタボリック症候群の予防法を実行するために、食事の基本を守りましょう。メタボリック症候群にならないための予防法として、朝・昼の食事はしっかり、夜は控えめに。1日3食、規則正しく食べる、この基本を守ることから始めましょう。食事をゆっくり、よく噛んで食べることも食欲を抑える予防法になります。食欲をコントロールするのは脳です。食べ物が胃に入り、十分な量になると脳に指令がいきます。また、食べ物から吸収されたブドウ糖が血糖値が上がります。これらが満腹中枢を刺激し、摂食中枢を抑制するため食べることを止めさせようとします。しかしそれには30分程度かかるのです。30分以内に食べ終えてしまうと、満腹感を感じにくく、食事の量が多くなってしまいます。その予防法はゆっくり食べることです。また、よく噛むことも満腹中枢を刺激するので、食べ過ぎの予防法になります。


ページのトップへ ▲

アルコールの摂り過ぎに注意を

お酒

アルコールを控えることも、メタボリック症候群の予防法の一つです。アルコールは体内に入ると1gあたり約5kcalと、糖質やタンパク質よりも1kcalほど多く、カロリーが高く栄養素をあまり含んでいないもの、といえます。お酒の飲みすぎはメタボリック症候群の原因となります。お酒を控えることは大切なメタボリック症候群の予防法。1日の適量は、男性でビール中瓶1本または日本酒1合程度、女性で缶ビール1本程度、とされています。メタボリック症候群の予防法としては適量のお酒を飲むこと。飲みすぎに注意し、楽しいお酒を飲みましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリック症候群って何(定義)? | メタボリック症候群の原因は? | メタボリック症候群の予防法 | メタボリック症候群が改善するコツ | メタボリック症候群の解消は難しい? | メタボリック症候群の診断基準が知りたい! | メタボリック症候群の検査方法 | メタボリック症候群患者と食事 | 食事療法でメタボリック症候群対策 | 生活習慣病とメタボリック症候群 | メタボリック症候群を運動療法で治す | メタボリック症候群と食生活 | メタボリック症候群対策レシピ! | 小児メタボリック症候群と診断基準 | 子供のメタボリック症候群対策 | メタボリック症候群対策をしよう! | ダイエットでメタボリック症候群撃退! | メタボリック症候群をメジャーで自宅診断 | サプリメントでメタボリック症候群予防 | メタボリック症候群とウエスト |

Copyright (C) メタボリック症候群のすべて-予防と対策 All Rights Reserved.